目の周りの乾燥~シワを増やさない保湿方法

「なあ、お前最近しわ増えたよな。特に目の周り」

こんなことを言われた奥様が年間推定100万人!?旦那の指摘に頭が来た人もショックを受けた人も必見。

あなたのスキンケアが目の周りの乾燥を引き起こし、しわを増やしていることに気づいてください。

このサイトを読めば、目の周りの小じわ解消、深いシワ予防について100段くらい理解が深まります。あとはそれに従って日々保湿ケア!

もう虫眼鏡で見られても自信満々で大丈夫な目元へ!!

この先で紹介する、私が試した目元に使える保湿化粧品は以下の通り(アイクリームありオール・インワン荒れ気味のときに使える)。

「乾燥=しわ」「保湿=しわ消滅」

なぜ小じわができはじめるのが目の周りなのか?理由が分かりますか?

乾燥です。

乾燥すると、水気がなくなり皮膚が縮みます。この縮みでできるのが「小じわ」です。

目の周りは皮膚が薄いです。だから保湿成分も少ない。それに加え、アイメイク、それを落すクレンジングに洗顔などで毎日皮膚に刺激を与えてしまっています。そのため保湿成分が失われやすくて乾燥しやすいんです。

洗顔・クレンジングで自覚がある人は、敏感肌専門ブランドのものを使うとそれだけで乾燥が良くなりますよ(目の周りが変わる洗顔・クレンジングが試せるコスメはこちら)。

特に目の周りに小じわができやすい理由

カフェのストローの包み紙を思い出してください。

目の周りの小じわは、カフェのストローの包み紙を短くクシャッと潰したような状態。これにお冷の水を一滴たらすとどうなるか?ムクムクムク!と縮みが取れてしわがなくなりますよね?これが目の周りにも起きているんです。

もし、このストローの包み紙がぶ厚い厚紙だとしたら…

クシャッと潰しにくいのでしわができにくいですよね。でももし、しわができてしまったら、一滴の水滴でしわが伸びるでしょうか?伸びないですよね。

目の周りが薄い紙。おでことかは厚紙。そんな違いがこんな差を生みます。

だから皮膚が薄い目の周りというのは小じわができやすい。ほとんどの女性が目の周りから老化を感じるのはこんな仕組みだからなんです。

ただ逆に、おでこはシワに気づいたら手遅れのことがほとんど。なぜなら小じわじゃなくて、本じわだからです。

でも目の周りは皮膚が薄くて小じわができやすいため、いち早く気づいてケアを始められます。目の周りの皮膚の薄さが、ある意味早く気づかせてくれているというメリットがあるんですね。

小じわを作らせない!知っている人はわずかな保湿テクニック

じゃあ目の周りの乾燥を予防解消すればいいのよね?

確かにそうです。でも、保湿と言ってもやり方があります。特に目の周りは小じわができやすい薄さというのを忘れてはいけません。

旦那の給料日くらい忘れてはいけないことです!

最短時間で保湿しよう!

目の周りというのは皮膚が薄いというだけで、何もしなくても誰でも乾燥しやすいです。その上女性はアイメイクにスキンケアにと肌に触れる回数が多い、多い。

それなのに、目の周りの乾燥が気になるからと入念に保湿を繰り返している女性が多いんです。それで余計に保湿成分が逃げ出してしまい乾燥が進行、もしくは目の周りが赤くなってかゆくなったりと重大なトラブルになります。

目の周りの保湿はできるだけ簡単に済ませないと逆効果なんです。サッと1回で済む。これが超重要です!

いっそのことオールインワンで済ませるのも一つの手です。ただし、普通のオールインワンだと目の周りの乾燥は治まらないです。理由はこちら

セラミド美容液が最短最高の保湿化粧品

目の周りの皮膚になるべく触れず、1回で保湿効果が長く続く保湿化粧品とは…

セラミド美容液がNo.1で、続いてセラミドクリームです。

どちらもセラミドというのがポイント。美容液がNo.1としたのは、クリームより塗りやすくて皮膚への負担がないからです。他の部位ならクリームのほうが優秀ですね。

あと美容液のほうがセラミドの配合量が増やしやすい、という製造上の理由もあります。ブランドによって必ずしもそうとは限りませんが、薄い皮膚への負担も考えると美容液のほうがグッド(製品に寄っては美容液に近いアイクリームもあります。セラミド美容液で選ぶなら断然これ!というのがこちらの2製品)。

あれこれ保湿成分はいりません

保湿成分はセラミド!これだけでいいです。

セラミドは他の保湿成分と違い、「乾燥肌で不足している保湿成分そのもの」で、「唯一化粧品で直接補える」保湿成分だからです。最強です。

コラーゲンやヒアルロン酸、リピジュアもいいのですが、乾燥肌になる理由がセラミド不足なのですから、それを補うのが一番効果的。

しかも、セラミドはただ肌に乗せるだけで勝手に浸透して馴染むから(全てのセラミドではありませんが)、デリケートな目元に負担がかからない最短保湿ができるのです。

セラミドにフタはいらない!

保湿ケアの最後には乳液やクリームでフタをしないとダメ!

というのはウソです!

そんなの意味ありません。あれは過去の迷信なんです。そもそも、肌には本来フタ機能があります。そのフタ機能がセラミドなんです。だからセラミドを補えばそれで一発O.K.!!あれこれ塗らなくていいんです。だからしわ原因を増やさなくて済みます。

ただし、粉吹き、皮剥け、ガサガサ肌のような角質がめくれ上がっている状態だとフタがいります。セラミドは角質層に馴染むことで本来の保水性を発揮します。角質層が荒れて隙間らだけだとセラミドが安定しません。

こんな場合は、やはりワセリンのようなフタ機能が強いクリームを薄く塗って仕上げると最高です。敏感肌専門ブランドはこのような荒れた角質層を想定して作っていることが多いので、そのブランドのクリームを使うといいでしょう。

具体的に言うとディセンシア。ここはヴァイタサイクルヴェールという特許技術がクリームに採用されています。ワセリン以上なのにベタつきがない画期的な技術です。肌が荒れ気味じゃないならディセンシアのアヤナス。ちょっと荒れ気味でデリケートならつつむですね。

目の周りに使いたいセラミド保湿化粧品の選び方

目の周りの皮膚の乾燥しやすさ、しわのできやすさ、そしてセラミドがいいということはお分かりになったでしょうか?

では、どんな保湿化粧品を選べばいいのかチェック!ここを外せばまたしわが増えるかもしれませんよ。

刺激を徹底排除したブランドを選ぶ

皮膚が薄いということは刺激を受けやすい。しかも、乾燥しているということは、もっと刺激を受けやすいんです。カラカラの状態とヒタヒタの状態ならどっちが刺激を通さないかは明白ですよね?

もう既に乾燥して赤くなったりかゆくなっていませんか?保湿化粧品だから刺激がないってことはないですよ。ものによっては余計に悪化します。

おすすめは敏感肌専門ブランド。会社として敏感肌の人集まれ!って言っているんですから、そこは徹底的にこだわっているので安心です。

次点では製薬会社のコスメブランド。製薬会社もお薬を作っているプライドがありますよね。もし刺激があって荒れたとか口コミが広がったら、本業の製薬業にもマイナスイメージですから。皮膚科で売られているものも同等ですね。

以下当サイトで紹介しているのは、私が実際に試して問題なかったものなので参考にどうぞ。

アイクリームもラインナップ簡単オールインワン荒れ気味・かゆみあり

人型・天然型セラミドを選ぶ

セラミドにはタイプがあります。

種類によって特徴がありますが、目の周りの乾燥に限らず、セラミドならヒト型・天然型となっているものを選べばO.K.です。これが一番馴染みが良くて保水が持続します。

他には馬やこんにゃく由来の天然セラミドがありますが、人によってはヒト型に変化させる酵素不全で本来の保水性が発揮されないことも。

類似セラミドというのもあります。以前は全くダメだったのですが、花王のキュレルがこれをオリジナルで採用しており評判がいいですね。ただわざわざ類似セラミドを使う必要があるのかな?という点もあります。

当サイトで紹介しているのは全てヒト型です。結局コレが一番良かったので。

セラミドじゃなくても目の周りの乾燥にピッタリなのがある

乾燥対策にはセラミドがベストですが、角質層が荒れていたり、皮膚が薄い部分だと十二分にセラミドが安定しない場合があります。

こんなときに活躍するのがリポソームカプセル

リポソームカプセルは、肌構造と似た性質を持っていて、本来は弾かれてしまうような水溶性成分もしっかり肌に届けられる技術です。

リポソームカプセルはセラミドが安定した状態の構造を持っているため、最初からしっかりと肌に馴染み安定。じわじわと保湿成分を放出し、長時間潤い、美容成分を供給し続けてくれるんです。

乾燥が進んでいるとセラミド単体では安定しないことがあります。でもリポソームだとズバッと浸透して安定するから、保水力を高く発揮してくれます。

アイクリーム、基礎化粧品タイプのリポソームならb.glen(2つ目)です。オールインワンタイプならリ・ダーマラボです。他はなかなかない高技術なコスメです。

乾燥が改善されるまで洗顔はいつもの半分にしよう

乾燥は睡眠不足、ストレス、自律神経の乱れによる冷えなどが重なっておきます。

ただ、女性の場合は洗顔が原因に加わっているんです。明らかに男性よりちゃんと顔を洗いますよね?

洗顔料に含まれる洗浄成分や水、特にお湯はセラミドを流してしまう作用があります。だから目の周りの乾燥で悩む人は圧倒的に女性が多いんです。そしてこれが小じわの元になっちゃいます。

一度乾燥してしまうと、普段通りの洗顔を続ける限り、セラミド保湿しても間に合いません。だから、ある程度乾燥が改善されるまでは、あまり目の周りを丁寧に洗わないようにしましょう。

気になって洗いすぎてしまう人が多いでしょうが、角質が荒れている状態に界面活性剤が付着すると、さらに角質が剥がれて薄くなります。シワだけでなく炎症が進み、セラミドが作られるサイクルがうまくいかなくなるんですよ。

幸いにも、目の周りというのは顔の中で汚れが溜まりづらいんです。皮脂腺がほとんどないですから。だから意識的に洗う時間を減らしても全然大丈夫ですよ。

洗顔・クレンジングを見直すなら単体で探す必要はありません。敏感肌専門ブランドのつつむで試せば十分です。こちらの洗顔・クレンジングは乾燥を悪化させない割に汚れ・メイク落ちがとてもいいですよ。

Copyright (C) 2016 目の周りの乾燥~シワを増やさない保湿方法 All Rights Reserved.